東京関東のデータ復旧は東京データ復旧センターにお任せ!品川区、目黒区、港区、渋谷区、大田区なら1時間で出張!

東京データ復旧センター|データ復元はお任せください
 

東京データ復旧レスキュー隊・会社概要

持込受付中!2時間以内で無料診断持込受付中!2時間以内で無料診断!
(常時持込受付・平日11〜17時)!(常時持込受付・平日11〜17時)

<サイトの運営者情報>
事業名称 東京データ復旧センター
運営会社名 パソコンレスキュー株式会社
事業内容 データ復元・復旧サービス (事業開始時期:1985年〜)
住所 〒140-0002 東京都品川区東品川3−11−5
運営責任者 店長 鈴木正訓

(東京工業大学出身)
最高技術顧問

最高技術顧問 青島 純一

【最高技術顧問・青島純一の著書紹介】
※出版図書多数のため、一部のみを掲載させていただきます。
Oracle8 for Linuxデータベースサーバー導入計画 DB selection Linuxで動かすデータベース、導入から運用までの全ステップ
出版:翔泳社
発行年月 : 1999年10月
システムエンジニアという仕事の流れと役割 若手SEのための
出版 : ディー・アート
発行年月 : 2003年7月

【最高技術顧問 紹介】
最高技術顧問の青島純一は30年以上前の大学在学中、大学内の情報処理室で大型サーバーを扱っておりました。 その後、今から約30年前、ハードディスクが普及し始めた頃、いわゆる昔の汎用機(IBM360シリーズ、370シ リーズ)の研究開発に携わり、それがハードディスクとの出会いでした。ハードディスクが出始めの頃は、固定ドラム方式で、ツバのある大 きい女性の帽子の入っている箱のように、とても大きなディスクで、容量も20MB程度といった、今では考えられないような小さな容量のわりに、大きな図体のハードディスクでした。現在のハードディスクは、30年前のハードディスクと比べて信じられないほど小型化し、大容量のデータを保存できるようになりましたが、30年前のハードディスクと構造的にはほとんど変わっておりません。

今では、各種文献などからハードディスクの研究を行うことができますが、ハードディスクの出始めの頃は、自身でメーカの資料や、アメリカから輸入した本などを参考に、構造・仕組みを調べる必要がありました。

コンピュータの黎明期から今日まで30年以上常に最先端のコンピュータ技術を追求してまいりましたので、コンピュータ、サーバーに関する技術力、データ復旧技術は日本でもトップクラスのものであると自負しております。

ハードディスクに障害が起きた場合、復旧のチャンスは一度きりの場合がございます。ハードディスクに障害が起きた後、電源を通電すればするほど復旧の確率が低くなっていくような症状もございますので、技術力の低い業者へ初期調査・復旧作業を依頼したために、復旧作業が不可能になってしまうケースが起こっております。 大切なデータが入ったハードディスクですので、ハードディスクを知り尽くした、25年間の信頼と実績のある弊社へぜひご相談ください。
電話番号 03-3457-8287 (祝日除く月〜金曜日 9時〜19時30分)
E-mail
取引銀行 三菱東京UFJ銀行
楽天銀行


ホーム 当店の特徴 復旧までの流れ 料金案内 出張可能エリア お問い合わせ 会社概要 個人情報保護
TeraStation(テラステーション)データ復旧 LinkStation(リンクステーション)データ復旧 サーバーのデータ復旧
東京データ復旧センター・パソコンレスキュー株式会社  〒140-0002 東京都品川区東品川3−11−5
TEL:03-6809-6364  Email:
copyright (c)Pasokon Rescue Corporation All Rights Reserved.

提携パートナー:  静岡データ復旧センター 名古屋データ復旧センター